どこの医療機関の処方せんも受付中の流山おおたかの森にあるみそら薬局から成長痛について


成長痛(小児)

せいちょうつう(しょうに)

〔小児科〕

症状/治療

 昼間は元気いっぱいに遊び回っていた3~6歳ぐらいの子どもが、夜、床に就いて寝ると、傷や打撲、炎症などの原因がないのに、急にひざや足が痛いといって目を覚まし、泣いたりすることがあります。

 こうした痛みは一時的なもので、翌日にはまた元の状態に戻ります。痛みを訴えて泣くときに、体をさすったり、抱っこしてあげたりすると、やがて治まるのが普通です。

 こうした痛みを成長痛といいます。この痛みは、月に1、2回の割合で起こり、1、2年ぐらい続きます。

 成長痛という名前から、子どもの急速な成長に伴って起こる痛みと思われがちです。しかし、すべての子どもが同じような痛みを訴えるわけではなく、体が成長することによって起こるものではありません。

 特に昼間、運動した後に起こることが多いことからみて、足に過度の負担がかかり、その疲れを「痛い」という形で子どもが表現していると考えられます。

 また、心理的な要因が関与している場合もあるでしょう。

 医師の診断によって、病気や脚の変形などの異常がないことがわかれば、病的な痛みではないと判断することができます。その場合、特別な治療は必要はありませんので、あまり心配しないことです。心理的な要素が大きいと考えられる場合は、心理カウンセリングを受けることも検討すべきでしょう。


0回の閲覧
みそら薬局 流山 おおたかの森
04-7156-0178
※引き続きFAXでも受付してます!
【休業日】日曜・祝日
〒270-0119 
流山市おおたかの森北1-17-20
お電話でのお問合せはこちら

© copyright 2017 みそら薬局  | Made by @vpwd